仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

アスベスト(石綿)とは?

f:id:ablaze-tokyo:20220117112907j:plain

 

アスベスト石綿)とは?

重要事項説明時にアスベスト石綿)の調査結果について説明を受けることがあるかと思います。

いったい、アスベストとは何なのでしょうか?

アスベストとは天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で、耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などに優れたいたことから、建築材料や電気製品など様々な用途に用いられきた鉱石のことです。特に建物では、保温断熱や防音などの目的で使用されてきた経緯があります。

ただ、その繊維が非常に細かいため、建物の取り壊しなどの際にアスベストが飛散し、それを吸い込むことで、肺繊維症や肺がん、悪性中皮腫などの発病の可能性があります。

 

◆建物のどのような箇所に使われている?

上記のとおり、アスベストはその優れた性能から、主に保温断熱や防音の目的で使用されてきました。

住宅では主に屋根材や壁材、天井材などにアスベストとセメントを混ぜ板状にしたボードなどを使用している可能性があります。ただ、このボード(成形型)は飛散のリスクは少ないと言われています。

また、取り壊しの際に飛散のリスクが高いと言われる吹き付けアスベストは住宅ではほとんど使用されていませんが、集合住宅の共用部、例えば駐車場や機械室などで使用されている可能性があります。

 

アスベスト規制

アスベストについてはその有害性から、法改正により規制が行われています。

まず1970年には「アスベスト含有率5%まで」、1995年には「アスベスト含有率1%まで」、2006年には「アスベスト含有率は0.1%まで」と規制されてきています。

築年数の古い建物に関してはアスベストが使用されている可能性が高まってくるということになります。

 

◆まとめ

重要事項でも説明する事項となっているアスベストですが、住戸内ではボードとして設置されていることが多く、空気中に飛散するリスクも低いことから、そこまで細かく気にする必要はないと思いますが、建物の取り壊しの際などは注意する必要があります。

アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では重要事項説明時に、必要に応じてその特性などについてご説明するようにしておりますので、ご不明点などありましたらお気軽にご相談下さいませ。

 

東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店までお気軽にお問い合わせください!

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加