アブレイズ・コーポレーション東京駅本店~お部屋探しの冒険日記~

アブレイズ・コーポレーションは、首都圏近郊のお部屋探しをお手伝いします🏠 1ヶ月で約100名様にご利用いただいた人気の手数料プランで理想のお部屋をご提案します💕

東京23区の電車の混雑状況を理解しよう!混雑が予想される路線や時間帯の特徴と対策方法

こんにちは!アブレイズ編集部です。今回は、東京23区を走る電車の混雑状況についてお伝えします。

 

東京23区は、日本の首都であり、世界でも有数の大都市です。そのため、人口密度が高く、交通機関も多く利用されています。特に、電車は東京の主要な移動手段となっており、毎日多くの人が乗り降りしています。

 

しかし、電車の利用者が多いということは、混雑も激しいということです。電車に乗るのに長い列に並んだり、車内で窮屈な思いをしたり、遅延や運休に巻き込まれたりすることも少なくありません。混雑は、ストレスや疲労の原因になるだけでなく、感染症のリスクも高めます。

 

そこで、この記事では、東京23区を走る電車の混雑状況について、以下の3つの観点から解説します。

 

三大都市圏の平均混雑率と東京の混雑率の比較

・混雑する路線や時間帯の傾向

・混雑を回避するための対策

 

この記事を読めば、東京23区の電車の混雑状況について、より詳しく知ることができます。また、混雑を回避するための対策も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

  三大都市圏の平均混雑率と東京の混雑率の比較

 

まず、三大都市圏(東京圏、大阪圏、名古屋圏)の平均混雑率と東京の混雑率を比較してみましょう。混雑率とは、車内の乗客数と定員数の比率のことで、100%を超えると立ち客が発生します。

 

国土交通省が令和5年7月に発表した報道発表資料によると、令和4年度の三大都市圏の平均混雑率は、東京圏が123%、大阪圏が109%、名古屋圏が118%となっています。これは、前年度に比べて、東京圏は15ポイント、大阪圏は5ポイント、名古屋圏は8ポイントの増加となっています。

 

東京圏の混雑率は、三大都市圏の中で最も高く、平均で定員の1.23倍の乗客が乗っていることになります。つまり、ほぼすべての路線で立ち客が発生しているということです。また、混雑率が150%を超える路線も多く存在しており、最も混雑する路線は、東急田園都市線の渋谷駅〜二子玉川駅間で、混雑率は199%となっています。

 

これに対して、大阪圏や名古屋圏の混雑率は、東京圏よりも低い水準にとどまっています。大阪圏では、混雑率が150%を超える路線は存在せず、最も混雑する路線は、阪急京都本線の梅田駅〜十三駅間で、混雑率は140%です。名古屋圏では、混雑率が150%を超える路線は2つあり、最も混雑する路線は、名古屋市営地下鉄東山線の栄駅〜伏見駅間で、混雑率は156%です。

 

このように、東京圏の電車の混雑状況は、他の都市圏と比べても突出しており、改善の必要性が高いといえます。

 

  混雑する路線や時間帯の傾向

 

次に、東京23区を走る電車の混雑する路線や時間帯の傾向について見ていきましょう。混雑する路線や時間帯を把握することで、混雑を回避するための対策を立てやすくなります。

 

混雑する路線の傾向

東京23区を走る電車の混雑する路線の傾向としては、以下の3つが挙げられます。

 

都心部ベッドタウンを結ぶ路線

都心部の主要駅を通る路線

・乗り換えの多い路線

 

都心部ベッドタウンを結ぶ路線は、通勤や通学の利用者が多く、朝夕のラッシュ時には混雑がピークに達します。たとえば、東急田園都市線京王線小田急線、東武東上線、総武中央線などがこのタイプの路線です。

 

都心部の主要駅を通る路線は、ビジネスやショッピングなどの目的で利用されることが多く、一日中混雑が続く場合もあります。たとえば、山手線や東京メトロ銀座線、東京メトロ千代田線などがこのタイプの路線です。

 

乗り換えの多い路線は、他の路線との接続が良いことから、利便性が高く利用者が多くなります。しかし、その分混雑も激しくなります。たとえば、東京メトロ東西線東京メトロ南北線埼京線などがこのタイプの路線です。

 

混雑する時間帯の傾向

東京23区を走る電車の混雑する時間帯の傾向としては、以下の3つが挙げられます。

 

・朝のラッシュ時間帯(7時〜9時)

・夕方のラッシュ時間帯(17時〜19時)

・最終電車

 

朝のラッシュ時間帯は、通勤や通学の利用者が多く、特に都心部へ向かう方向が混雑します。夕方のラッシュ時間帯は、帰宅や買い物の利用者が多く、特に都心部から離れる方向が混雑します。最終電車に関しては、主にターミナル駅を発車する路線は混雑する傾向があります。

 

  混雑を回避するための対策は?

 

東京23区を走る電車の混雑状況を知ったところで、混雑を回避するための対策についてもお伝えします。混雑を回避するための対策としては、以下のようなものがあります。

 

・時間帯をずらす

・路線を変える

・乗り換えを減らす

・自転車や徒歩を利用する

・在宅勤務やテレワークをする

 

時間帯をずらすというのは、ラッシュ時間帯を避けて、早朝や昼間、夜間などに電車に乗るということです。これにより、混雑を避けることができます。ただし、仕事や学校などの都合によって、時間帯をずらすことができない場合もあります。

 

路線を変えるというのは、混雑する路線ではなく、混雑しない路線を利用するということです。たとえば、山手線や東京メトロ銀座線などの混雑する路線ではなく、京浜東北線東京メトロ日比谷線などの混雑しない路線を利用するということです。ただし、路線を変えると、乗り換えや距離が増えることもあります。

 

乗り換えを減らすというのは、乗り換えの多い路線ではなく、乗り換えの少ない路線を利用するということです。たとえば、東京メトロ東西線東京メトロ南北線などの乗り換えの多い路線ではなく、京王線小田急線などの乗り換えの少ない路線を利用するということです。ただし、乗り換えを減らすと、所要時間や料金が増えることもあります。

 

自転車や徒歩を利用するというのは、電車に乗らずに、自転車や徒歩で移動するということです。これにより、混雑を完全に回避することができます。ただし、自転車や徒歩を利用すると、体力や気候によっては大変な場合もあります。

 

在宅勤務やテレワークをするというのは、電車に乗らずに、自宅や近くのカフェなどで仕事をするということです。これにより、混雑を完全に回避することができます。ただし、在宅勤務やテレワークをするには、職場や学校の許可や協力が必要な場合もあります。

 

  まとめ

 

以上、東京23区を走る電車の混雑状況についてご紹介しました。東京23区の電車の混雑状況は、他の都市圏と比べても突出しており、改善の必要性が高いといえます。混雑する路線や時間帯を把握することで、混雑を回避するための対策を立てやすくなります。時間帯をずらす、路線を変える、乗り換えを減らす、自転車や徒歩を利用する、在宅勤務やテレワークをするなどの対策を試してみましょう。

 

アブレイズ・コーポレーションでは、混雑する路線を考慮しながら、お客様のニーズに合った物件をご紹介しております。スタッフ自体が通勤や物件のご案内で利用しているので、生の情報をお届けさせていただきます!また、『仲介手数料無料~半額以下保証』のサービスもありますので、初期費用を抑えながら、お得にお部屋探しをすることができます。お部屋探しの際は、ぜひアブレイズ・コーポレーションへお気軽にご相談ください!

 

以上、アブレイズ編集部でした。次回もお楽しみに!

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

 

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

 

《来店のご予約はこちら》

 

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

不動産広告の徒歩時間計算法と実践のギャップとは?

こんにちは、アブレイズ編集部です! 今回は、お部屋探しに役立つ情報をお届けします。

 

お部屋探しをするときに気になるのが、物件の駅からの距離や歩行時間ですよね。インターネット上の不動産情報や物件の図面などには、駅からの徒歩時間が表示されていますが、実際に歩いてみると違うことがありませんか?

 

そこで今回は、不動産情報で表示される徒歩時間の計算方法や注意点についてご紹介します。これを読めば、お部屋探しの際に不動産情報の信頼性を判断する一助になると思います。では、早速見てみましょう!

 

  不動産情報で表示される徒歩時間の計算方法とは?

 

不動産情報で表示される徒歩時間は、適当に計算されているわけではありません。実は、不動産業界で共通の計算方法が定められているのです。それが「不動産の表示に関する公正競争規約」という規則です。

 

この規約は、不動産の広告表示に関する事項を定めるもので、不当な顧客の誘引を防止し、一般消費者による自主的かつ合理的な選択及び事業者間の公正な競争を確保することを目的としています。

 

この規約に基づいて、不動産の案内で表示される徒歩時間は以下のように計算されます。

 

・徒歩1分=80メートル

※これは、女性がハイヒールで歩く場合の平均速度が80.3メートルであることを基に計算されています。

・車の場合は1分あたりに約400メートル進むとされています(渋滞が起きやすい都心部の物件ではあまり当てはまらない場合もありますが・・・)

・駅や商業施設は、出入り口ではなく、敷地内の最も近い場所までの距離で計算されます。

・直線距離ではなく、実際の道のりで計算します。

・1分未満の時間は切り上げて計算します(例:6分30秒⇒7分、40秒⇒1分)。

・信号や踏切での待ち時間は含まれません。

・坂や階段が存在しても、計算方法は変わりません。

 

  不動産情報で表示される徒歩時間に注意すべきポイントは?

 

不動産情報で表示される徒歩時間は、前述の通り、不正確な表示を防ぐために歩行速度の計算方法が確立されています。しかし、これはあくまで目安であり、実際に歩く時間は個人によって異なります。

 

そのため、不動産情報で表示される徒歩時間には以下のような注意点があります。

 

・すべての人が80メートル毎分で歩くわけではありません。歩く速度は年齢や体力、荷物の有無、天候や気温などによって変わります。特に高齢者や子供、障害者などは、平均よりも遅い速度で歩くことが多いでしょう。

・徒歩時間は切り上げて計算されます。例えば、駅から物件までの距離が240メートルの場合、徒歩時間は3分と表示されますが、実際には3分未満で歩ける可能性があります。

・信号や踏切での待ち時間は含まれません。都市部では、信号や踏切での待ち時間が長くなることがあります。これは徒歩時間には反映されないため、実際には表示された時間よりもかかることがあります。

・坂や階段が存在しても、計算方法は変わりません。坂や階段は歩く速度や疲労度に影響しますが、徒歩時間には考慮されません。そのため、坂や階段が多い場合は、表示された時間よりもかかることがあります。

 

  不動産情報で表示される徒歩時間を正確に知る方法は?

 

不動産情報で表示される徒歩時間は、あくまで目安であり、実際に歩く時間とは異なる場合があります。そのため、お部屋探しの際には、以下のような方法で、より正確な徒歩時間を知ることをおすすめします。

 

1.実際に現地を歩いてみる

やはり、一番確実な方法は、実際に現地を歩いてみることです。自分の歩く速度や体力に合わせて、駅から物件までの距離や時間を測ることができます。また、周辺の環境や雰囲気も感じることができます。

 

2.Googleマップなどの経路案内を利用する

Googleマップなどの経路案内を利用すれば、駅の出入り口までの徒歩所要時間を正確に調べることができます3。また、信号や踏切、坂や階段などの情報も表示されます。ただし、歩く速度は標準的なもので計算されているため、個人差はあります。

 

  まとめ

 

不動産情報で表示される徒歩時間は、不動産の表示に関する公正競争規約という規則に基づいて計算されています。しかし、これはあくまで目安であり、実際に歩く時間は個人によって異なります。そのため、お部屋探しの際には、実際に現地を歩いてみるか、Googleマップなどの経路案内を利用して、より正確な徒歩時間を知ることをおすすめします。

 

アブレイズ・コーポレーションでは、お客様のニーズに合わせた最適な物件をご提案しながら、実際の現地をご確認いただくように努めています。また、『仲介手数料無料~半額以下保証』のサービスもありますので、初期費用を抑えながら、お得にお部屋探しをすることができます。お部屋探しの際は、ぜひアブレイズ・コーポレーションへお気軽にご相談ください!

 

以上、アブレイズ編集部でした。お部屋探しに役立つ情報をお届けしていますので、ぜひチェックしてくださいね!

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

《来店のご予約はこちら》

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

東京23区の電車の混雑状況を把握しよう!混雑する路線や時間帯のパターンと対策

こんにちは!アブレイズ編集部です。今回は、東京23区を走る電車の混雑状況についてお伝えします。

 

東京23区は、日本の首都であり、世界でも有数の大都市です。そのため、人口密度が高く、交通機関も多く利用されています。特に、電車は東京の主要な移動手段となっており、毎日多くの人が乗り降りしています。

 

しかし、電車の利用者が多いということは、混雑も激しいということです。電車に乗るのに長い列に並んだり、車内で窮屈な思いをしたり、遅延や運休に巻き込まれたりすることも少なくありません。混雑は、ストレスや疲労の原因になるだけでなく、感染症のリスクも高めます。

 

そこで、この記事では、東京23区を走る電車の混雑状況について、以下の3つの観点から解説します。

 

三大都市圏の平均混雑率と東京の混雑率の比較

・混雑する路線や時間帯の傾向

・混雑を回避するための対策

 

この記事を読めば、東京23区の電車の混雑状況について、より詳しく知ることができます。また、混雑を回避するための対策も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

  三大都市圏の平均混雑率と東京の混雑率の比較

 

まず、三大都市圏(東京圏、大阪圏、名古屋圏)の平均混雑率と東京の混雑率を比較してみましょう。混雑率とは、車内の乗客数と定員数の比率のことで、100%を超えると立ち客が発生します。

 

国土交通省が令和5年7月に発表した報道発表資料によると、令和4年度の三大都市圏の平均混雑率は、東京圏が123%、大阪圏が109%、名古屋圏が118%となっています。これは、前年度に比べて、東京圏は15ポイント、大阪圏は5ポイント、名古屋圏は8ポイントの増加となっています。

 

東京圏の混雑率は、三大都市圏の中で最も高く、平均で定員の1.23倍の乗客が乗っていることになります。つまり、ほぼすべての路線で立ち客が発生しているということです。また、混雑率が150%を超える路線も多く存在しており、最も混雑する路線は、東急田園都市線の渋谷駅〜二子玉川駅間で、混雑率は199%となっています。

 

これに対して、大阪圏や名古屋圏の混雑率は、東京圏よりも低い水準にとどまっています。大阪圏では、混雑率が150%を超える路線は存在せず、最も混雑する路線は、阪急京都本線の梅田駅〜十三駅間で、混雑率は140%です。名古屋圏では、混雑率が150%を超える路線は2つあり、最も混雑する路線は、名古屋市営地下鉄東山線の栄駅〜伏見駅間で、混雑率は156%です。

 

このように、東京圏の電車の混雑状況は、他の都市圏と比べても突出しており、改善の必要性が高いといえます。

 

  混雑する路線や時間帯の傾向

 

次に、東京23区を走る電車の混雑する路線や時間帯の傾向について見ていきましょう。混雑する路線や時間帯を把握することで、混雑を回避するための対策を立てやすくなります。

 

混雑する路線の傾向

東京23区を走る電車の混雑する路線の傾向としては、以下の3つが挙げられます。

 

都心部ベッドタウンを結ぶ路線

都心部の主要駅を通る路線

・乗り換えの多い路線

 

都心部ベッドタウンを結ぶ路線は、通勤や通学の利用者が多く、朝夕のラッシュ時には混雑がピークに達します。たとえば、東急田園都市線京王線小田急線、東武東上線、総武中央線などがこのタイプの路線です。

 

都心部の主要駅を通る路線は、ビジネスやショッピングなどの目的で利用されることが多く、一日中混雑が続く場合もあります。たとえば、山手線や東京メトロ銀座線、東京メトロ千代田線などがこのタイプの路線です。

 

乗り換えの多い路線は、他の路線との接続が良いことから、利便性が高く利用者が多くなります。しかし、その分混雑も激しくなります。たとえば、東京メトロ東西線東京メトロ南北線埼京線などがこのタイプの路線です。

 

混雑する時間帯の傾向

東京23区を走る電車の混雑する時間帯の傾向としては、以下の3つが挙げられます。

 

・朝のラッシュ時間帯(7時〜9時)

・夕方のラッシュ時間帯(17時〜19時)

・最終電車

 

朝のラッシュ時間帯は、通勤や通学の利用者が多く、特に都心部へ向かう方向が混雑します。夕方のラッシュ時間帯は、帰宅や買い物の利用者が多く、特に都心部から離れる方向が混雑します。最終電車に関しては、主にターミナル駅を発車する路線は混雑する傾向があります。

 

  混雑を回避するための対策は?

 

東京23区を走る電車の混雑状況を知ったところで、混雑を回避するための対策についてもお伝えします。混雑を回避するための対策としては、以下のようなものがあります。

 

・時間帯をずらす

・路線を変える

・乗り換えを減らす

・自転車や徒歩を利用する

・在宅勤務やテレワークをする

 

時間帯をずらすというのは、ラッシュ時間帯を避けて、早朝や昼間、夜間などに電車に乗るということです。これにより、混雑を避けることができます。ただし、仕事や学校などの都合によって、時間帯をずらすことができない場合もあります。

 

路線を変えるというのは、混雑する路線ではなく、混雑しない路線を利用するということです。たとえば、山手線や東京メトロ銀座線などの混雑する路線ではなく、京浜東北線東京メトロ日比谷線などの混雑しない路線を利用するということです。ただし、路線を変えると、乗り換えや距離が増えることもあります。

 

乗り換えを減らすというのは、乗り換えの多い路線ではなく、乗り換えの少ない路線を利用するということです。たとえば、東京メトロ東西線東京メトロ南北線などの乗り換えの多い路線ではなく、京王線小田急線などの乗り換えの少ない路線を利用するということです。ただし、乗り換えを減らすと、所要時間や料金が増えることもあります。

 

自転車や徒歩を利用するというのは、電車に乗らずに、自転車や徒歩で移動するということです。これにより、混雑を完全に回避することができます。ただし、自転車や徒歩を利用すると、体力や気候によっては大変な場合もあります。

 

在宅勤務やテレワークをするというのは、電車に乗らずに、自宅や近くのカフェなどで仕事をするということです。これにより、混雑を完全に回避することができます。ただし、在宅勤務やテレワークをするには、職場や学校の許可や協力が必要な場合もあります。

 

  まとめ

 

以上、東京23区を走る電車の混雑状況についてご紹介しました。東京23区の電車の混雑状況は、他の都市圏と比べても突出しており、改善の必要性が高いといえます。混雑する路線や時間帯を把握することで、混雑を回避するための対策を立てやすくなります。時間帯をずらす、路線を変える、乗り換えを減らす、自転車や徒歩を利用する、在宅勤務やテレワークをするなどの対策を試してみましょう。

 

アブレイズ・コーポレーションでは、混雑する路線を考慮しながら、お客様のニーズに合った物件をご紹介しております。スタッフ自体が通勤や物件のご案内で利用しているので、生の情報をお届けさせていただきます!また、『仲介手数料無料~半額以下保証』のサービスもありますので、初期費用を抑えながら、お得にお部屋探しをすることができます。お部屋探しの際は、ぜひアブレイズ・コーポレーションへお気軽にご相談ください!

 

以上、アブレイズ編集部でした。次回もお楽しみに!

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

 

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

 

《来店のご予約はこちら》

 

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております✨

お部屋も探せるアブレイズ・コーポレーション公式LINE!

新サービス『アブレイズ学割』で学生さんはいつでもお得😊

お部屋探しのポイント!内見予約と申し込みの違いを解説

こんにちは!アブレイズ編集部です。今回は、お部屋探しの際に知っておきたい「内見予約」と「申し込みによる部屋止め」の違いについてご紹介します。お部屋探しは、人生の大きなイベントの一つですが、同時に様々な不安や疑問を抱えることも多いと思います。特に、気になる物件を見つけたときに、どのようにして確保したり契約したりするのか、ということは、初めてのお部屋探しの方にとっては難しい問題です。そこで、この記事では、内見予約と申し込みによる部屋止めという、お部屋探しの際によく使われる用語の意味やメリット・デメリット、注意点などをお伝えしていきます。内見予約と申し込みによる部屋止めは、お部屋探しの成功のカギとなる重要な用語ですので、ぜひ最後までお読みください。それでは、早速見ていきましょう!

 

  内見予約とは?

 

内見予約とは、気になる物件を実際に見に行くために、事前に不動産会社に連絡して予約することです。内見予約をするメリットは、以下の通りです。

 

・物件の空き状況や詳細な情報を確認できる

・物件の現地や周辺環境をチェックできる

・不動産会社の担当者と直接話せる

・物件の気になる点や交渉事項を相談できる

 

内見予約をする際には、以下の点に注意しましょう。

 

・内見予約は、物件の確保や契約の意思表示ではありません。内見予約をしただけでは、他の人に先に契約される可能性があります。

 

・内見予約は、できるだけ早めにすることがおすすめです。人気の物件は、すぐに埋まってしまうことがあります。また、内見予約の日程や時間は、不動産会社の営業時間や担当者の都合によって変わることがあります。

 

・内見予約は、できるだけ複数の物件を見ることがおすすめです。物件の比較や選択肢を広げることができます。また、内見予約の際には、必要な書類や身分証明書などを持参することがおすすめです。気に入った物件があれば、その場で申し込みによる部屋止めや契約の手続きをすることができます。

 

  申し込みによる部屋止めとは?

 

申し込みによる部屋止めとは、内見した物件に決めた場合に、他の人に先に契約されないように、入居申込書を提出して物件を確保することです。申し込みによる部屋止めをするメリットは、以下の通りです。

 

・物件の空き状況や詳細な情報を確認できる

・物件の現地や周辺環境をチェックできる

・不動産会社の担当者と直接話せる

・物件の気になる点や交渉事項を相談できる

・申し込み順で物件を確保できる

 

申し込みによる部屋止めをする際には、以下の点に注意しましょう。

 

・申し込みによる部屋止めは、物件の確保や契約の意思表示です。申し込みによる部屋止めをした場合は、入居審査を受けることになります。入居審査に通れば、契約の手続きに進むことになりますが、審査に落ちた場合は、部屋止めをキャンセルすることになります。

 

・申し込みによる部屋止めは、物件によってはキャンセル料が発生する場合があります。申し込みによる部屋止めをした後に、別の物件に変更したい場合や、引っ越しをやめたい場合は、キャンセル料を支払う必要があります。キャンセル料の金額は、不動産会社や物件によって異なりますが、一般的には1ヶ月分の家賃相当額が目安です。地域性もあるので、申し込みを行う前に確認するようにしましょう。

 

・申し込みによる部屋止めは、できるだけ早めにすることがおすすめです。人気の物件は、すぐに埋まってしまうことがあります。また、申し込みによる部屋止めの日程や時間は、管理会社の方針や貸主の方針などによって変わることがあります。部屋止め出来る期間などについかは担当者とよく相談するようにしましょう。

 

・申し込みによる部屋止めは、できるだけ複数の物件を見ることがおすすめです。物件の比較や選択肢を広げることができます。また、申し込みによる部屋止めの際には、必要な書類や身分証明書などを持参することがおすすめです。気に入った物件があれば、その場で申し込みによる部屋止めや契約の手続きをすることができます。

 

  まとめ

 

以上、内見予約と申し込みによる部屋止めの違いについてご紹介しました。内見予約と申し込みによる部屋止めは、お部屋探しの際に知っておきたい重要な用語です。内見予約は、物件を実際に見に行くために予約することで、申し込みによる部屋止めは、内見した物件に決めた場合に、物件を確保することです。それぞれにメリットや注意点がありますので、お部屋探しの際には、ぜひ参考にしてください。

 

アブレイズ・コーポレーションでは、物件ごとの部屋止めの方法や、お申し込み方法を出来るだけ丁寧にご説明することを心掛けています。また、『仲介手数料無料~半額以下保証』のサービスもありますので、初期費用を抑えながら、お得にお部屋探しをすることができます! お部屋探しの際は、ぜひアブレイズ・コーポレーションへお気軽にご相談ください!

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

 

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

 

《来店のご予約はこちら》

 

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております✨

お部屋も探せるアブレイズ・コーポレーション公式LINE友だち追加はこちら!

新サービス『アブレイズ学割』で学生さんはいつでもお得😊

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

お部屋選びで押さえておきたい!旧耐震基準と新耐震基準の違い

こんにちは、アブレイズ編集部です。今回は、お部屋探しに欠かせない「耐震基準」について、解説していきたいと思います。

 

耐震基準とは、地震に対して建物がどれだけ耐えられるかを定めた法律のことです。日本は地震大国と言われていますが、実はこの耐震基準は1981年(昭和56年)に初めて制定されました。1981年5月以前に建てられた建物は「旧耐震基準」と呼ばれ、それ以降に建てられた建物は「新耐震基準」と呼ばれます。

 

では、旧耐震基準と新耐震基準では、具体的に何が違うのでしょうか?また、お部屋探しにどのような影響があるのでしょうか?以下の4つのポイントに分けてお伝えしていきます。

 

・旧耐震基準と新耐震基準の違いと特徴

・旧耐震基準のリスクと対策

・旧耐震基準と新耐震基準の物件の違いとメリット

・まとめ

 

  旧耐震基準と新耐震基準の違いと特徴

 

旧耐震基準と新耐震基準の違いは、主に想定する地震の規模と建物の損傷度にあります。旧耐震基準では、震度5程度の地震に耐えられることが基準でした。しかし、1995年の阪神・淡路大震災で、旧耐震基準の建物が多数倒壊し、多くの犠牲者が出たことを受けて、新耐震基準が制定されました。新耐震基準では、震度6強から7の地震に対して、建物が倒壊・崩壊しないことが求められています。また、中規模の地震(震度5強程度)では、建物がほとんど損傷しないことも目標とされています。

 

つまり、新耐震基準の建物は、旧耐震基準の建物よりも、地震に対する安全性が高いと言えます。実際に、2011年の東日本大震災では、新耐震基準の建物の倒壊率は0.03%に対して、旧耐震基準の建物の倒壊率は0.5%と、約17倍の差がありました。

 

新耐震基準の建物は、旧耐震基準の建物に比べて、以下のような特徴があります。

 

・柱や梁などの構造部材の断面積が大きく、鉄筋の量が多い

・基礎や壁などの接合部分にボルトやアンカーなどの補強材を使用している

・壁や床などの剛性が高く、建物全体のねじれやたわみを抑えている

・耐震壁や耐震ダンパーなどの地震エネルギーを吸収する装置を設置している

 

  旧耐震基準のリスクと対策

 

旧耐震基準の建物に住む場合、地震による倒壊や損傷のリスクが高いことはもちろんですが、それ以外にも以下のようなリスクがあります。

 

・間取りが古くて使いにくい

アスベストなどの有害物質が使用されている可能性がある

・住宅ローンや税制優遇などの制度が利用できない

・将来的に売却しにくい

 

これらのリスクを回避するためには、以下のような対策が必要です。

 

・リフォームやリノベーションを行って間取りや設備を改善する

アスベストなどの有害物質の有無や除去方法を専門家に相談する

・耐震補強工事を行って耐震基準適合証明書を取得する

・土地の価値や立地条件などを考慮して売却価格やタイミングを検討する

 

しかし、これらの対策には費用や時間がかかりますし、すべてのリスクを完全に解消できるとは限りません。

 

  旧耐震基準と新耐震基準の物件の違いとメリット

 

旧耐震基準と新耐震基準の物件では、地震に対する安全性だけでなく、他にも様々な違いやメリットがあります。ここでは、お部屋探しに関係する以下の4つの観点から、それぞれの物件の特徴を比較してみましょう。

 

・賃料

・間取り

・設備

・住み心地

 

賃料

一般的に、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも賃料が高い傾向にあります。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、構造部材や補強材などの材料費や工事費がかかるためです。また、新耐震基準の物件は、需要が高く、供給が少ないため、市場価格が上がるという要因もあります。

 

しかし、賃料だけで物件を判断するのは、得策ではありません。なぜなら、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、間取りや設備、住み心地などの面でも優れていることが多いからです。また、地震による倒壊や損傷のリスクを考えると、新耐震基準の物件の方が、長期的に見て安心できると言えます。

 

間取り

新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、間取りが広くて使いやすいことが多いです。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、構造部材の断面積が大きく、鉄筋の量が多いため、壁や柱の数が少なくて済むからです。また、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、剛性が高く、建物全体のねじれやたわみを抑えることができるため、床や天井の高さが均一であることが多いです。さらに、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、リノベーションやリフォームがしやすいことが多いです。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、耐震壁や耐震ダンパーなどの地震エネルギーを吸収する装置を設置しているため、壁や柱を動かすことができるからです。

 

したがって、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、間取りの自由度が高く、お客様の理想のお部屋に近づけることができます。

 

設備

新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、設備が新しくて快適なことが多いです。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、建築年数が新しいため、水回りや空調、防音などの設備が最新のものになっていることが多いからです。また、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、アスベストなどの有害物質が使用されていないことが多いです。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、建築基準法や環境基準などの法律に適合していることが多いからです。

 

したがって、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、設備の品質や安全性が高く、快適な生活を送ることができます。

 

住み心地

新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、住み心地が良いことが多いです。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、地震に対する安全性が高いため、地震が起きたときにも安心できるからです。また、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、間取りが広くて使いやすく、設備が新しくて快適であるため、日常生活に不便やストレスを感じにくいからです。さらに、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、将来的に売却しやすいことが多いです。これは、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件よりも、需要が高く、価値が下がりにくいからです。

 

したがって、新耐震基準の物件は、旧耐震基準の物件に比べて、住み心地の良さや資産価値の高さなどのメリットがあります。

 

  まとめ

 

今回は、お部屋探しに欠かせない「耐震基準」について、旧耐震基準と新耐震基準の違いや特徴、旧耐震基準のリスクと対策などをお伝えしました。

 

お部屋探しには、地震に対する安全性は重要なポイントの一つです。旧耐震基準の物件には、多くのリスクや問題がありますが、新耐震基準の物件には、多くのメリットがあります。賃料だけでなく、間取りや設備、住み心地などの面でも、新耐震基準の物件の方が、旧耐震基準の物件よりも優れています。また、将来的に売買するときにも、新耐震基準の物件の方が、価値が高く、需要が高いです。ぜひ、今回の記事を参考にして、自分にぴったりの物件を見つけてください。

 

アブレイズ・コーポレーションでは、募集予定の物件を含めた豊富な物件情報をご提供しています。ご不明な点は遠慮なくご質問ください。東京のお部屋探しは、ぜひアブレイズ・コーポレーションにお任せください。

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

 

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

 

《来店のご予約はこちら》

 

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

お部屋も探せるアブレイズ・コーポレーション公式LINE友だち追加はこちら!

新サービス『アブレイズ学割』で学生さんはいつでもお得!

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

お部屋探しを成功に導くヒント!先行契約と先行申し込みのポイント

こんにちは、アブレイズ編集部です!2024年最初の記事は、お部屋探しのプロが教える、退去前の物件に申し込むメリットと注意点についてお伝えします!

 

退去前の物件とは、現在入居者が住んでいるが、近々退去する予定の物件のことです。このような物件は、内見ができない場合が多いですが、実は申し込みをすることができる場合もあるのです。

 

退去前の物件に申し込むと、どんなメリットがあるのでしょうか?それは、人気物件を他の人に先んじて確保できる可能性が高いということです。退去前の物件は、まだ内見ができないため、一般的に競争率が低くなります。しかし、写真や間取り図などの情報をもとに、気に入った物件を見つけたら、先行申し込みや先行契約という方法で申し込むことができます。これらの方法について詳しく見ていきましょう!

 

  先行申し込みとは?

 

先行申し込みとは、室内のご内見前に入居審査を進めておき、実際に内見をして意思決定してから契約に進むという方法です。万が一、内見して気に入らなくてキャンセルした場合でもキャンセル料等はかかりません。なお、先行申し込みでも入居審査は進めますので、申込書への情報記入や身分証の提出などは必要となります。

 

先行申し込みのメリットは、気になる物件を仮押さえできることです。内見ができない期間でも、他の人に取られる心配がありません。また、内見後に気に入らなければキャンセルできるので、リスクも少ないです。ただし、申込者が複数いる場合は、申し込み受理の順番で番手がつきます。この場合は1番手のお申込者から優先して内見・契約の意思確認になるケースがほとんどです。

 

先行申し込みのデメリットは、内見可能日まで待たなければならないことです。内見可能日は退去日や工事日程によって変わりますので、確定するまで時間がかかる場合もあります。また、先行申し込みを受け付けてくれる不動産会社や物件も限られていますので、選択肢が狭まる可能性もあります。

 

  先行契約とは?

 

先行契約とは、室内のご内見前に入居審査だけでなく契約まで進めるという方法です。初期費用の支払いも内見前に行います。この場合は内見後にキャンセルした場合も通常解約と同じ扱いになってしまうため、費用の持ち出しが発生しますので注意が必要です。なお、一般的に相場に比べて安めの家賃で募集されている物件が多い傾向があります。

 

先行契約のメリットは、1番手で進める場合、人気物件を確実に手に入れられることです。内見ができなくても契約することで、他の人に横取りされる心配がありません。また、相場より安い家賃で借りられるチャンスもあります。

 

先行契約のデメリットは、内見後にキャンセルできないことです。内見後に部屋の状態や設備に不満があっても、契約を解除することはできません。また、初期費用の支払いも内見前に行わなければならないので、場合によっては資金面でスケジュール調整等の負担が大きいケースがあります。

 

  退去前の物件に申し込む際の注意点

 

退去前の物件に申し込む際には、以下の点に注意しましょう。

 

物件現地まで足を運ぶこと

写真や間取り図だけでは分からない物件の外観や周辺環境を確認することが大切です。見れるようであれば共用部やほかの内見できる部屋なども参考にしましょう。

 

入居日を柔軟に考えること

退去前の物件は、退去日や工事日程によって入居可能日が変わります。入居可能日が確定するまでは、引越し業者の手配などは控えるようにしましょう。

 

先行申し込みと先行契約の違いを理解すること

先行申し込みと先行契約は、内見後にキャンセルできるかどうかや初期費用の支払い時期などに大きな違いがあります。自分の希望や予算に合わせて、適切な方法を選ぶようにしましょう。

 

  引っ越しシーズンに退去前の物件を探すメリット

 

引っ越しシーズンとは、1月から4月にかけての期間のことを指します。この時期は、新年度や新学期の始まりに合わせて、多くの人がお部屋探しをします。そのため、物件の需要が高くなり、競争率も上がります。また、家賃や敷金、礼金などの初期費用も高くなる傾向があります。

 

そんな引っ越しシーズンに、退去前の物件を探すと、どんなメリットがあるのでしょうか?それは、人気物件を相場より安く借りられる可能性があるということです。退去前の物件は、内見ができないというデメリットがありますが、その分、家賃や初期費用が安く設定されている場合もあります。また、先行申し込みや先行契約という方法で、他の人に先んじて申し込むことができます。これらの方法を利用すれば、引っ越しシーズンの競争率の高さを回避できるかもしれません。

 

ただし、退去前の物件に申し込む際には、注意点もあります。物件現地まで足を運んで外観や周辺環境を確認すること、入居日を柔軟に考えること、先行申し込みと先行契約の違いを理解することなどが必要です。不動産会社とよく相談して、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

 

  まとめ

 

退去前の物件とは、現在入居者が住んでいるが、近々退去する予定の物件のことです。このような物件は、内見ができない場合が多いですが、先行申し込みや先行契約という方法で申し込むことができます。これらの方法のメリットは、人気物件を他の人に先んじて確保できる可能性が高いということです。特に、引っ越しシーズンには、相場より安く借りられるチャンスもあります。しかし、注意点もありますので、不動産会社とよく相談してお部屋探しを進めましょう。

 

アブレイズ・コーポレーションでは、退去前の物件を含めた豊富な物件情報をご提供しています。先行申込・先行契約に関しても多数の実績がありますので、ご不明な点は遠慮なくご質問ください。繁忙期のお部屋探しは、ぜひアブレイズ・コーポレーションにお任せください!

 

以上、アブレイズ編集部でした。次回もお楽しみに!

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

 

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

 

《来店のご予約はこちら》

 

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

お部屋も探せるアブレイズ・コーポレーション公式LINE友だち追加はこちら!

新サービス『アブレイズ学割』で学生さんはいつでもお得!

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加

下町の魅力満載!台東区で選ぶ、おすすめ住居エリア5つのご紹介

こんにちは!アブレイズ編集部です。今回は、お部屋探しに役立つエリア情報をお届けします!

 

皆さんは、台東区ってどんなイメージを持っていますか?台東区は、東京の中心に位置する区で、上野や浅草などの観光スポットがあるエリアです。歴史や文化を感じられる下町の風情が残る一方で、交通や環境、子育てなどの住みやすさにも優れています。

 

今回は、台東区で住環境に適している地域を5つピックアップして、その魅力をご紹介します!

 

  1. 上野

 

上野は、台東区の北部に位置するエリアで、上野公園や上野動物園などのレジャースポットがあるエリアです。上野の住環境の特徴は、以下のようなものがあります。

 

上野駅があり、JRや東京メトロなどの複数の路線が利用できる

・新幹線や空港へのアクセスも便利

・上野公園や不忍池などの緑地や親水スペースが豊富

上野動物園国立科学博物館などのレジャー施設が充実している

・アメヤ横丁や上野の森美術館などの商業施設が多い

 

上野は、都会の利便性と自然の恵みをバランスよく享受できるエリアと言えるでしょう。上野に住めば、快適で楽しいライフスタイルを送ることができます。

 

  2. 浅草

 

浅草は、台東区の南部に位置するエリアで、浅草寺や雷門などの歴史的なスポットがあるエリアです。浅草の住環境の特徴は、以下のようなものがあります。

 

・浅草駅や田原町駅などの駅があり、東京メトロ都営地下鉄などの複数の路線が利用できる

日本橋や渋谷などの主要駅にも直通で行ける

浅草寺や雷門などの歴史的なスポットが多い

浅草花やしき浅草演芸ホールなどのレジャー施設が充実している

仲見世や浅草ROXなどの商業施設が多い

 

浅草は、歴史と文化が息づくエリアと言えるでしょう。浅草に住めば、東京の伝統と風情を楽しむことができます。

 

  3. 新御徒町

 

新御徒町は、台東区の中央に位置するエリアで、新御徒町駅御徒町駅などの駅があるエリアです。新御徒町の住環境の特徴は、以下のようなものがあります。

 

新御徒町駅御徒町駅などの駅があり、JRや東京メトロなどの複数の路線が利用できる

秋葉原や浅草などの観光スポットにも近い

・高層マンションやオフィスビルが立ち並び、都会の景色が楽しめる

2k540 AKI-OKA ARTISANecute上野などの商業施設が充実している

台東区役所や台東区立図書館などの公共施設が近くにある

 

新御徒町は、都心へのアクセスとモダンな環境を両立したエリアと言えるでしょう。新御徒町に住めば、快適で便利なライフスタイルを送ることができます。

 

  4. 浅草橋

 

浅草橋は、台東区の南西部に位置するエリアで、浅草橋駅馬喰町駅などの駅があるエリアです。浅草橋の住環境の特徴は、以下のようなものがあります。

 

浅草橋駅馬喰町駅などの駅があり、JRや東京メトロなどの複数の路線が利用できる

秋葉原や浅草などの観光スポットにも近い

・調理器具や食器などの問屋街として有名なかっぱ橋道具街がある

・マンションやアパートが多く、住みやすい価格帯の物件がある

・浅草橋公園や浅草橋児童遊園などの緑地や親水スペースが豊富

 

浅草橋は、下町の雰囲気と観光の便利さを併せ持ったエリアと言えるでしょう。浅草橋に住めば、東京の伝統と風情を楽しむことができます。

 

  5. 西浅草

 

西浅草は、台東区の南西部に位置するエリアで、田原町駅や浅草駅などの駅があるエリアです。西浅草の住環境の特徴は、以下のようなものがあります。

 

田原町駅や浅草駅などの駅があり、東京メトロ都営地下鉄などの複数の路線が利用できる

浅草寺や雷門などの観光スポットにも近い

・マンションやアパートが多く、住みやすい価格帯の物件が多くある

・花川戸公園や西浅草公園などの緑地や親水スペースが豊富

・西浅草三丁目商店街や松屋浅草店などの商業施設が多い

 

西浅草は、下町の雰囲気と観光の便利さを併せ持ったエリアと言えるでしょう。西浅草に住めば、東京の伝統と風情を楽しむことができます。

 

以上、台東区で住環境に適している地域のご紹介でした。

 

アブレイズピックアップ物件!台東区のおすすめ物件はこちら

 

  まとめ

 

台東区は、歴史や文化を感じられる下町の魅力と、交通や環境、子育てなどの住みやすさを兼ね備えたエリアです。台東区には、上野や浅草などの観光スポットや、美術館や博物館などの芸術・文化施設が多くあります。また、台東区には、JRや東京メトロなどの複数の路線が走っており、都心や郊外へのアクセスも便利です。台東区に住めば、東京の中でも日本情緒が味わえる地区として、国内外から多くの人が訪れるエリアで暮らすことができます!

 

アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では、店舗からもほど近い台東区の物件を多数取り扱っており、台東区エリアの分譲賃貸マンションや新築物件も多く取り扱っております。また、全ての賃貸物件に対して『仲介手数料無料~半額以下保証』のサービスを行っていますので、初期費用を大幅に節約できます。さらに15周年を記念して、仲介手数料半額対象の物件から追加割引するキャンペーンを実施中です!このキャンペーンは、2023年12月1日から2024年3月31日までの期間限定ですので、ぜひお早めにご相談ください。学生さんは『アブレイズ学割』ご利用でさらにお得となってます♪

 

アブレイズ・コーポレーションは、あなたの理想のお部屋探しを応援します。お気軽にお問い合わせください!

 

なお、2023年12月25日(月)まで営業は行っておりますが、本日で東京駅本店ブログの年内更新は最終日となります。2024年も皆様により一層ご満足いただけるサービスを提供できるよう、社員一同努めてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

 

以上、アブレイズ編集部でした。次回もお楽しみに!

 

《アブレイズ・コーポレーション公式サイト》

 

《アブレイズ・コーポレーションの強みはこちら》

 

《来店のご予約はこちら》

 

《オンラインでお部屋探しのご相談はこちら》

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

お部屋も探せるアブレイズ・コーポレーション公式LINE友だち追加はこちら!

新サービス『アブレイズ学割』で学生さんはいつでもお得!

↓↓↓↓↓↓↓↓

友だち追加