仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

バスターミナル東京八重洲が開業します!

 

◆バスターミナル東京八重洲が第1期開業します!

東京駅八重洲口は現在、再開発の真っただ中で、「東京ミッドタウン八重洲」、常盤橋エリアに「Torch Tower(トーチタワー)」のほか、八重洲2丁目の再開発タワーなどが絶賛、開発中です。

その中で、東京ミッドタウン八重洲が9月17日に地下テナントが先行して部分開業するのにあたり、同時に東京ミッドタウン八重洲の地下2階部分にバスターミナル東京八重洲の第1期部分が開業します。

バスターミナル東京八重洲が開業することによって八重洲、ひいては東京の街はどのように変化するのでしょうか。

なお、東京駅八重洲口の再開発については以前に記事にしていますので、以下のリンクよりご参照ください。

 

どう変化する?八重洲の再開発!

 

◆東京駅周辺のバスターミナルの現状

東京駅八重洲口は東京でも屈指の高速バスのターミナルとなっています。

主要なのは東京駅八重洲南口にある11の乗車口を誇る「東京駅JR高速バスターミナル」があり、JRバス関東を中心に各方面の高速バスが発着しています。

また、八重洲口のほか丸の内口の路上にも高速バス乗り場があるほか、東京駅日本橋口にも高速バス乗り場があったり、八重洲南口から徒歩5分程度離れたところにある「鍛冶橋駐車場」からも高速バスが発着しており、そのバスがどこから発着するのかがよくわからない状況になっているのが現状です。

比較的需要の高い、房総方面の高速バスは京成バスが中心に運行していますが、これらのバスも路上発着となっており、歩道に設置されたバス停に並ぶ形となっているほか、待合室もないため、雨の日は待つのも大変という状況で、利便性が高いとは言えません。

 

◆第1期バスターミナル東京八重洲の概要

第1期バスターミナル東京八重洲はどのようになるのでしょうか。

東京ミッドタウン八重洲の地下1階にチケットカウンター、待合室などが整備され、地下2階にバスの乗降場が設置されます。バスの乗車口は第1期では6つが整備され、現在、路上にバス乗り場のある京成バスの乗降場を中心にバスターミナル東京八重洲に移行をしていく予定です。

なお、地下1階には上述のとおり東京ミッドタウン八重洲のテナント13店舗も同時にオープンし、飲食店やドラッグストア、コンビニが開業します。

また、八重洲地下街とは直結でアクセスすることが可能で、東京駅から外に出ることなくバスターミナルに向かうことができます。

 

◆バスターミナル東京八重洲、最終的にはどうなる?

9月17日にバスターミナル東京八重洲が部分開業しますが、最終的にはどのようになるのでしょうか。

今回開業するのは上述のとおり、第1期となりますが、今後、第2期、第3期と段階的に開業すべく工事が進められています。

第2期は東京ミッドタウン八重洲八重洲通りを挟んだ向こう側に建設中の「東京駅前八重洲一丁目東B地区」という再開発ビルの地下に立地し、2025年に開業の予定となっており、第3期は東京ミッドタウン八重洲の南側に建設予定の「八重洲二丁目中地区」再開発ビルの地下に立地し、2028年に開業を予定となっています。

これらが全て開業すると、バスターミナル東京八重洲は全てで乗降口を20も要するバスターミナルとなる予定です。

 

◆東京駅の交通結節機能が強化される

バスターミナル東京八重洲の開業により、東京駅の交通結節機能の強化が期待されます。

東京駅を発着する新幹線や在来線、またその他の高速バス、夜行バスとの連絡がしやすくなるほか、以前にも記事にしましたが、JR東日本が計画している羽田空港アクセス線が開業したとすると、羽田空港方面からの連絡もできるようになり、東京駅で乗り換えるというお客様が増えることとなります。

 

羽田空港アクセス線とは?

 

それにより、国際都市の玄関口としての東京駅の国際競争力も向上するのではないかと言われています。

何はともあれ、再開発とともに今後の八重洲からは目が離せませんね。

アブレイズコーポレーション東京駅本店は、東京駅八重洲口からもアクセス良好です。高速バスからのご来店も便利ですので、ぜひお立ち寄りください!

 

東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください!

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加