仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

インターネットが遅いときに試してみたいこと

 

◆インターネットが遅い・・・

最近はYoutubeAmazonプライムビデオ、Netflixなどの動画コンテンツを楽しんだり、オンラインでゲームを楽しむ方が増えています。また、テレワークが普及し、家から会社にデータを送ったり、受け取ったりする機会も増えています。

そのような環境の中で、インターネットを介してやり取りするデータ容量は年々と増えてきているのが現状で、インターネットが遅いと不満を抱く方もいらっしゃるかと思います。

本日はインターネットが遅いときにするべき対応策についてお話していこうと思います。

 

ルーターの電源を入れなおす

そもそもの回線速度が遅い場合は対応策はないのですが、例えばNTTフレッツ光auひかり、NUROひかりと言ったような光回線が導入されている物件でインターネットが遅いと感じる場合は、まず、ルーターの電源を一度切って、再起動してみましょう。

ルーターは一度起動させるとほとんどの方はそのままつけっぱなしにすることが多いかと思います。それにより、熱を持ったり、複数の端末をネットに繋ぐことで干渉したりと、少しずつ遅くなる原因が増えていきます。

それらの原因をルーターを再起動させることでリセットすることができます。

なお、ルーターの電源を切ったときはすぐに再起動するのではなく、1分程度放置してから起動するようにしましょう。

 

Wi-Fiルーターの買い替えも検討しよう

どうしてもインターネットの速度が改善しない場合は、Wi-Fiルーターの買い替えも検討しましょう。

Wi-Fiルーターも日々、技術革新が行われており、より大容量のデータを早く転送でき、より多くの端末が繋がるように新しい規格が生まれてきています。

上述のとおり、年々、インターネットを介してやり取りするデータ量は増えています。それにより、Wi-Fiルーターが処理するデータ量も増えていますので、処理しきれずに遅くなるというのはあり得る話です。

もう何年もWi-Fiルーターを買い替えていないという場合は、Wi-Fiルーターを買い替えることでインターネットの速度も改善される場合があります。

 

ルーターの置き場所を変える・中継器を導入する

広いお部屋の場合はWi-Fiルーターから遠く離れた部屋にはWi-Fiの電波が届いていなかったり、届いていたとしても非常に弱い状況である場合があり、そのような場合もインターネットの速度は遅くなります。

Wi-Fiルーターから遠く離れている部屋でインターネットが遅い場合は、Wi-Fiルーターをお部屋の真ん中に来るように設置するように置き場所を変えてみましょう。

また、戸建の場合など、どうしてもWi-Fiルーターからの距離が発生してしまう場合は、中継器を導入するというのもひとつの方法です。

中継器を導入することでWi-Fiルーターから遠い部屋でも安定した接続と速度が期待できます。

 

◆まとめ

スマートフォンタブレットの普及やテレワークの推進、動画の閲覧など年々インターネットの重要性は増してきています。

私もそうなのですが、以前に比べるとインターネットの環境がどのような環境なのかということを気にされるお客様は増えてきているように感じます。

また、以前であればインターネット無料の物件はとても人気があったのですが(今でも人気はありますが・・・)、最近ではインターネット無料よりも自身でインターネットのサービスを選択したいというお客様も増えてきているように感じます。

そのような時代ですので、インターネットが遅く感じるときは上述のような方法を試してみてください。

そもそものインターネット回線の速度が遅い場合はともかく、一般的な光ファイバー回線を使っている場合、特にWi-Fiルーターの買い替えは回線速度の改善に効果があることがあります。

なお、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店では今までもインターネットに関する記事を書いてきておりますので、以下のリンクよりあわせてご参照ください。

 

賃貸マンションのインターネット環境について

 

オトクなインターネット無料物件!~でも注意も必要!

 

東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズ・コーポレーションまでお問い合わせください!

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加