仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

Bluetoothを活用しよう!

 

Bluetoothとは?

Bluetoothブルートゥース)とは、無線通信の規格のひとつで、Bluetoothに対応した機器同士は、ケーブルなどを接続しなくても無線でデータをやり取りできます。

Bluetoothの接続範囲はおよそ10m以内となっており、その範囲内であれば無線でデータのやり取りが可能です。

なお、Bluetoothという規格は、国際標準規格となっており、Bluetoothの対応した機器同士ならどんなメーカーの機器でも接続が可能で、Bluetoothを搭載した様々な商品が販売されています。

本日はBluetoothの活用についてお話していこうと思います。

 

Wi-Fiとどう違うのか

似たような無線通信規格としてWi-Fiがありますが、Wi-FiBluetoothはどのように異なるのでしょうか。

Wi-Fiは通信速度が速く、大きなデータ容量を通信することが可能です。なので、インターネットに接続する際にも多く使用されます。

また、複数の機器を接続することが可能で、パソコンやスマートフォンタブレットはもちろん、スマートスピーカーやIoT機器など非常に数多くの機器を接続することが可能です。

ただし、その一方で消費電力は大きくなります。

それに比べて、Bluetoothはひとつの機器とひとつの機器を接続することに長けており、通信速度やデータ容量などはWi-Fiに劣るもののその消費電力は小さくて済むため、コンパクトな商品の開発が可能となっています。

 

Bluetoothは何に使えるのか?

次に、実際にBluetoothが何に使えるのか見ていきましょう。

もちろん、イヤホンやスピーカーなど今では当たり前になったようなものもありますが、意外なことにもその技術が活用されているのです。

 

イヤホンやスピーカー

上述のとおり、イヤホンやスピーカーはBluetoothを用いた定番の商品となります。

有名なところではAppleAirPodsが有名ですが、SONYBoseJVCなどの音響メーカーはもちろん、様々なメーカーが販売しています。イヤホンであれば、そのタイプもヘッドホンタイプやイヤホンタイプ、左右一体型イヤホンや完全独立型イヤホンなどの商品があります。また、スピーカーについても同様に大型のものから、コンパクトなものまで各種販売されています。

最近のiPhoneスマートフォンにはイヤホンジャックがついていないものもあるので、今後ますます普及し、様々な商品が販売されると思われます。

 

キーボードやマウスなどの入力デバイス

また、Bluetoothはキーボードやマウスなどを代表する入力デバイスBluetoothで接続する商品が増えています。

Bluetoothに対応した機器なら(OSが対応していれば)接続することができるので、WindowsMacといったパソコンや、iOSAndroidを搭載したスマートフォンタブレットでも使用することが可能です。

最近ではマルチペアリングと言って、複数の機器とペアリングして使用する機器を切り替えられるような商品も出ています。

また、Bluetoothの省電力性を活かし、折り畳みキーボードや小型のマウスなど持ち運びに適した商品も販売されています。

 

カーナビやカーオーディオ

また、カーナビやカーオーディオにもBluetoothを搭載した商品が販売されています。

このような商品を用いることで、スマートフォンタブレットと言ったデバイスの音声を車内のスピーカーから流すことが可能となります。

最近は、Apple MusicやSpotifiと言った音楽系のサブスクリプションサービスや、NetflixAmazon Prime VideoなどのVODサービスもありますので、そのような音楽や音声を車内スピーカーから鳴らすことができます。

ドライブなどにはもちろんですが、子供にタブレットを渡して車内で退屈にさせないなど様々なことに応用できそうですね。

 

スマートウォッチ

Bluetoothはスマートウォッチとスマートフォンを接続するのにも使用されます。

AppleApple Watchシリーズをはじめ、GarminGoogleSONYやFitbit、ファーウェイなどのメーカーから販売されています。

スマホの通知を時計で知らせてくれるので、カバンにスマホを入れて置いても電話などに気づくことが可能です。

また、歩数などの活動量計心拍計など健康促進やフィットネス、ジョギング、水泳、サイクリングなどのスポーツに対応した商品もあります。

また、Apple WatchなどはSuicaなどの電子マネーにも対応しています。よく改札口でApple Watchをかざしている人見かけますよね。

日頃から健康を気にしている人やスポーツをされる方には便利な機能もありますので、検討してみるのも良いでしょう。

 

体重計や血圧計などのヘルスケア機器

最近では体重計・体脂肪計・体組成計や血圧計などのヘルスケア機器についてもBluetoothスマホに連動し、測定すると自動的にスマホに記録してくれるという商品も販売されています。

体重や血圧などを毎日計測して記録をしなければならないという方もいらっしゃるかもしれません。そのような場合も計測すればそのままスマホに記録され、見返すことが可能なので便利です。

またデジタルデータになると、グラフ化なども簡単にできるので便利ですよね。

なお、上記のスマートウォッチのように活動量計心拍計機能と合わせて使用するとさらに効果的です。

 

◆まとめ

本日はBluetoothの活用についてお話してきました。

イヤホンやスピーカーなどはもはやBluetooth対応の機器を使用するというのが当たり前になってきているかと思います。今まで、コードがあることが当たり前で、コードが絡まないように注意したりまとめたりということが必要だったものが、AirPodsのようなBluetoothの完全独立型イヤホンが登場したときは画期的でした。

失くしやすいなどのデメリットもありますが、求めやすい値段の商品も販売されており、気軽に購入できるというのも良いですよね。

また、体重計や血圧計との連携と言った実用的な商品も販売されてきていますし、今後ますますBluetooth対応機器というのは増えていくかと思います。

なお、アブレイズコーポレーション東京駅本店ではスマートフォンやネットワークについて以前も記事にしていますので、以下のリンクからぜひご参照ください。

 

使わなくなったスマホの有効活用を考える

 

IoTとは?~賃貸でもIoT導入の流れが来ています!

 

賃貸住宅でプロジェクター!生活の質が上がります!

 

インターネットが遅いときに試してみたいこと

 

賃貸マンションのインターネット環境について

 

東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください。

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加