仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

猫と一緒に賃貸物件で暮らす際の注意点

f:id:ablaze-tokyo:20220414183626j:plain

 

◆猫と一緒に賃貸物件で暮らす際の注意点

最近はペットブームや空室対策の影響もあり、ペット飼育可の物件が増えてきました。

犬とともにペットとして人気の猫は私たちに癒しもたらしてくれる存在であり、猫を飼育している、またはこれから飼育したいという方も多くいらっしゃることと思います。

しかし、賃貸物件では猫を飼育する上で注意した方がよい事項もあります。

本日は、賃貸物件で猫を飼育する際の注意点についてお話していきたいと思います。

 

◆猫飼育可能な賃貸物件で飼うようにしよう!

猫を飼育する場合、当たり前ですが、猫の飼育が認められている物件で飼育するようにしましょう。

勝手に飼育しているのがバレてしまうと、トラブルとなるほか、違約金を請求されたり、賃貸物件の契約を解除されてしまう場合もあります。

また、猫飼育可の物件については、通常の契約と異なり、敷金が追加になったり、償却(敷金が返ってこない)と言った場合が多いのでしっかりと確認するようにしましょう。

なお、アブレイズ・コーポレーションでは以前に、ペット飼育可能物件を探す際のポイントについて記事にしておりますので、以下のリンクよりご参照くださいませ。

 

ペット飼育可能物件を探す際の注意点

 

◆ペットが原因のお部屋の損傷は借主負担となる

まず、猫をはじめとしたペットを飼育する上で前提として考えなければならないのが、退去時の原状回復についてです。

退去時の原状回復とは、簡単に言うと、お部屋の汚れや劣化部分、損傷部分を直す(元に戻す)という意味なのですが、ペットを原因としたお部屋の汚れや損傷、臭いの付着などの復旧は借主の負担となることがほとんどです。

そのため、ペットを飼育した場合に敷金の追加があったり、敷金の償却があったりするというわけです。

猫を飼育する場合もこれを前提として考えないと、退去時に大きな金額を請求されてしまう可能性もありますので、よく理解し、対策してからペットを飼うようにしましょう。

なお、退去時の原状回復については以前に記事にしておりますので、以下のリンクよりご参照ください。

 

退去時にかかる費用は?~知っておいた方が良い退去清算

 

◆爪とぎによる壁紙などの被害を防ごう

まず、猫を飼育していて多いトラブルが、爪とぎによる壁紙クロスなどの損傷があげられます。

これは猫の習性でもありますので、「しょうがない」と思うかもしれませんが、これも退去時は借主負担となります。

ですので、自由気ままに傷をつけられないように、まずは、猫の行動範囲の壁には養生をしましょう。いちばん効果的なのは引っ越し時に使うような養生シートを用いる方法です。また、床面の傷対策として、床にはマットをひき、ストレス発散用の猫用爪とぎを設置するなどの対策を行うようにしましょう。

また、最近では、猫の爪につけるペット用のネイルキャップなども売っているようですので、ケースバイケースで選ぶと良いでしょう。

 

◆トイレ対策・臭い対策

次に猫の飼育で多いのが臭いのトラブルです。

飼育しているとあまり気にならないかもしれませんが、勝ってない人からすると結構臭いを感じたりするものです。

これも、退去時に猫のトイレの臭いなどが残っていると、その消臭作業などに要する費用は借主の負担となってしまいます。

必ず一定のトイレを設置し、そこで用を足すようにしつけをしましょう。また、トイレはこまめに処理し、清潔を保つようにしましょう。

なお、トイレをベランダなどの外に置いたりすると、近隣とのトラブルに発展する恐れがあるので、置かない方がよいですよ。

 

◆騒音対策

猫は普段、あまり大きな鳴き声で泣くことは少ないですが、発情期の鳴き声はかなり大きな声で鳴くこともあり、騒音トラブルに発展する可能性があります。ただ、発情期の鳴き声はしつけでは直るものではないので、状況によっては去勢手術や不妊手術を行うことも検討をする必要があります。

また、不在時も猫ちゃんは動き回っている可能性があります。足音についても苦情に貼ってする可能性も考えられますので、ペットの足音防止のためのシート(上述の床への傷防止にもなります)を設置しましょう。

 

◆まとめ

本日は猫と一緒に賃貸物件で暮らすための注意点についてお話ししました。

最近はペット飼育可能な賃貸物件の需要が非常に高いように思います。

貸主やオーナーさんにとっても賃貸物件の付加価値として、また空室対策としてペットの飼育を認める物件が増えてきています。

とはいえ、ペット飼育の際には近隣トラブルになる可能性があったり、退去時の原状回復が高額になったりと注意しなければならない点が多いのも事実です。

注意点をよく理解して猫ちゃんとの暮らしを満喫していただければと思います。

なお、アブレイズ・コーポレーションではペット飼育可能な物件についても多くお取り扱いしておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さいませ。

 

アブレイズ・コーポレーションのペット飼育相談可能物件はこちら

 

東京で賃貸不動産をお探しなら仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズ・コーポレーションまでお問い合わせください!

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加