仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

ごみ出しのマナーを守ろう!

 

◆ごみのトラブルは意外と多い

賃貸物件では騒音など音のトラブルに続き多いのがごみのトラブルです。

ごみは生活している以上、どうしても発生するものであり、暮らしの中で切り離すことのできないものとなります。

とはいえ、ごみは放置しておくと悪臭が発生したり、害虫が発生したりと、不衛生な状況となるため、近隣トラブルに発展することがあります。

同じ賃貸住宅内でのトラブルならまだしも、近隣の住戸をも巻き込んだトラブルにも発展する恐れもありますので、各自意識を持ってごみ出しのマナーを徹底して守った方が良いでしょう。

 

◆ごみ出しの日時を確認しよう

上記の写真のようなゴミボックスが設置されている物件では24時間いつでもごみを出してもいいというわけではありません。

ごみはどの自治体でも「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「ペットボトル」「ビン・缶」「ダンボール・古紙」などに分けて出す必要があり、それぞれ回収日が異なることが多いです。

当たり前ですが、回収日でないとごみは改修されません。特に生ごみは放置しておくと上述のとおり悪臭や害虫が発生したり、カラスがごみを散らかしたりとトラブルに発生しかねません。

なお、ごみは回収日の朝8時までに指定された場所に出すようにしましょう。ごみ置き場やゴミボックスがあればその場所に、物件に指定のごみ置き場がなければ自治体指定のゴミ置き場に出すようにしましょう。

 

◆ごみを分別しよう

ごみは上述のとおり、「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「ペットボトル」「ビン・缶」「ダンボール・古紙」などに分けて出すのが一般的です。これは再使用できるものは資源として使うという意図もありますが、分別しないでごみを出すとごみが収集されず残されてしまうこともあります。

そのようにごみが収集されなかった場合も、悪臭や害虫の発生などの近隣に迷惑をかけるような事態になってしまう可能性もありますので、自治体の分別方法をしっかりと確認し、分別してから出すようにしましょう。

なお、最近では指定の有料ごみ袋でないとごみを出せない自治体もあります。

東京23区は現状では全ての区で無料ですが、東京都で言うと町田市など、神奈川県でも藤沢市などでは有料のごみ袋が指定されていますので注意が必要です。

 

◆24時間ゴミ出しが可能な物件もある

24時間ゴミ出しが可能な物件もあります。

これは写真のようなゴミボックスではなく、建物の中に、区切られた部屋としてごみ置場がある場合は24時間ゴミを出すことが可能な物件もあります。

区切られた部屋であれば外に悪臭を放つ可能性も低くなりますし、カラスがごみを散らかすようなことありません。

そのような物件は管理員さんや清掃員さんがごみの日にごみを外に出して掃除してくれているため、常時ごみを出すことが可能となっています。

もちろん、24時間ごみが出せるからと言って、ごみを分別しなければ収集はされませんので、やはりルールは守るようにしましょう!

 

◆まとめ

本日はごみ出しのルールについてお話ししました。

音のトラブルに続き多いのがごみのトラブルです。

私は以前、分譲マンションの管理会社で働いていましたが、管理員さんはもちろん、入居者からも「〇〇さんはごみを分別しないからいつもごみが収集されない・・・」といったようなクレームをよく受けました。

資源の問題もあり、ごみの分別というのはこれからますます厳しくなっていくでしょうし、上述のような有料ごみ袋の導入と言ったごみの有料化を選択する自治体も増えてくるかと思います。

ごみ出しの日時や分別のルールを守り、気持ちよく暮らしたいものですね。

なお、アブレイズコーポレーション東京駅本店では、賃貸物件でのトラブルについて以前に記事にしておりますので以下のリンクよりご参照ください!

 

ルールを守って快適に生活しよう!

 

音のトラブルに注意!~できる対応策もご紹介

 

お部屋の設備に不具合が発生!どう対応したらいいの?!

 

エアコンが故障!?~まずはチェックすべきポイント

 

賃貸物件でトラブルが起きたらどうすればいい?

 

東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズコーポレーションまでお問い合わせください。

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加