仲介手数料無料~半額のアブレイズ・コーポレーション東京駅本店

東京駅・日本橋駅の不動産会社、アブレイズ・コーポレーション東京駅本店は賃貸物件を仲介手数料無料~仲介手数料半額でご紹介しております!

賃貸物件の仮押さえはできるのか?

f:id:ablaze-tokyo:20220331175424j:plain

 

◆賃貸物件の仮押さえはできるのか?

例えば、2件の物件で悩んでしまって決めきれない・・・なんていうときに賃貸物件の仮押さえができたらなぁと思うこともありますよね!

しかし、賃貸物件の仮押さえは原則としてできません。

賃貸物件は正式に申し込みをすることで初めて物件が押さえられます。申し込みをするということは、申込書に自分の情報を記入し、身分証の写しなどとともに管理会社に提出する必要があります。

中には審査に必要な情報や書類がすべて揃わないとお部屋を押さえることができない物件もあります。

申込書を提出し、申し込みをするということは賃貸物件に住むという意思表示をすることになりますので、賃貸物件では口頭などでの「仮押さえ」というのはないのです。

もし不動産会社のスタッフが仮押さえを提案してきたら、それは申し込みをすることを意味すると思っておいてください。

なお、以前に申し込みから鍵のお引き渡しまでの流れについて記事にしておりますので、以下リンクよりぜひご参照ください。

 

賃貸を借りるときの基本~申し込みから契約、鍵のお引き渡しまでの流れ

 

◆申込みをすれば物件は押さえられるけど・・・

申込みをすれば賃貸物件を押さえられるなら、気になる物件全てに申し込みしてしまえばいいんじゃないか?!

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、その物件の中に同じ貸主や管理会社の物件があったりした場合は二重での申し込みはできません。

また、貸主や管理会社が違ったとしても家賃保証会社が同じだったりすると、多重申し込みを理由に最悪、審査がNGになってしまうなんていうこともあります。

また、申し込みとキャンセルを繰り返したりした場合も、「入居する気もないのに申し込みしてるんじゃないか・・・」と思われてしまい不利に働くこともあります。

ある程度その物件に住むという意思を持った状態で申し込みするようにしましょう。

 

◆先行申し込みの場合

退去前の物件を申し込みする場合もあるかと思います。

以前にも説明しましたが、先行申し込みであれば、実際にご内見いただいた後にキャンセルをしたとしてもキャンセル料等は発生しないため、「仮押さえ」に近い状況にはなります。

とはいえ、先行申し込みをする際であっても、当たり前ですが申し込み手続きは必要であり、さらには入居審査も内見前に行われるケースが多いため、やはりある程度は入居する意思を持って申し込んだ方が良いでしょう。

なお、先行申し込みについては以前に記事にしておりますので、以下のリンクよりご参照ください。

 

退去前の賃貸物件を申し込みしよう!知っておいた方が良い先行申し込みと先行契約。

 

◆申し込みをキャンセルできる?

ある程度入居する意思を持って申込みをしたとしても、申し込みをキャンセルせざる得ない状況となってしまう場合もあるかと思います。

その場合、賃貸借契約を締結する前であれば原則として申し込みをキャンセルするかとはできます。とはいえ、申し込みから時間が経ってからのキャンセルの場合、管理会社が契約書を作成したり、鍵の交換を行ってしまっていたりと、入居を前提とした準備をしていきますので、様々な人に迷惑をかけることとなってしまいます。

ですので、キャンセルをするときは早め早めに不動産会社に伝えるようにしてください。

なお、賃貸物件のキャンセルについては以前に記事にしておりますので、以下のリンクよりご参照ください。

 

賃貸物件をキャンセルすることはできるのか?

 

◆まとめ

上述のとおり、賃貸物件を口頭で仮押さえするというのは原則としてできず、申し込み手続きを行うことでようやく物件が押さえられるということをよく理解して物件を選ぶようにすると良いでしょう。

アブレイズ・コーポレーションでは、物件を申し込む際のプロセスや、申し込み後の流れについても詳しくご説明するようにしております。ご不明点なども細かくご説明するようにしておりますので、お気軽にお問合せ・ご相談下さいませ。

 

東京で賃貸不動産をお探しなら、仲介手数料半額・仲介手数料無料のアブレイズ・コーポレーションまでお問い合わせください!

 

 

ホームページはこちら

 

お問合せ・ご相談はLINEでも受け付けております!

友だち追加